パジャマの選び方
2017.06.28

夫婦の寝間着アパレルブランド、アンダーウェア専門店、雑貨店など、さまざまな店舗で取り扱われるパジャマ。種類も多く、パジャマのレディース売り場をざっと見ただけでは、自分にどんなパジャマが合っているのか判断しづらいと感じるのではないでしょうか。
パジャマを購入するときには「価格」「素材」「環境」「デザイン」など、さまざまなポイントを考慮しながら、ぴったりな一着を選びましょう。まずは、だいたいの予算を決定した上で「価格」を見ながらパジャマを選んでいきましょう。パジャマの通販サイトを利用すれば、価格帯を絞り込んで検索できるので、効率的に探したいときにおすすめです。
次に、着心地や快適さを左右する「素材」も、ぜひこだわりたいポイントです。素材によって、肌触りや、汗をかいたときの感覚、あたたかさ、快適さなどまったく異なります。また、人によって心地よいと感じられるポイントも大きく違います。事前にパジャマやルームウェアによく使われている素材とその性質について情報を集め、好みの素材について目星をつけておくといいですね。「環境」とは、眠るときの状態のことです。寝室が暖かいので、パジャマは薄手のものでかまわないという人もいれば、家族と一緒に冷房器具のついた部屋で眠っているものの、冷え性で困っているという人もいるのではないでしょうか。そうした環境も含めて、自分に合ったパジャマを選ぶことで、失敗しにくくなります。
最後に「デザイン」です。女性のパジャマは、フェミニンでかわいいデザインから、ナチュラルなイメージのもの、柄物、シンプルなものと多様に展開されています。好みのデザインを選ぶとことで、袖を通すのが楽しみになり、自宅で過ごす時間がより豊かなものになります。キュートなパジャマは、お泊りのときに褒められるきっかけにもなるかもしれませんね。ぜひ、着るのが楽しみになるようなお気に入りのデザインを探してみましょう。
これらの要素を踏まえながら、自分に合ったパジャマを選んでいきます。あらかじめ優先順位を明確にしておくと、迷ったときにもスムーズに決定できるのでおすすめです。「どうしてもこのデザインがいいから、予算はオーバーしてしまうけれど買おう!」、「コストパフォーマンスはあっちのパジャマが理想的だけど、○○素材は譲れないからこれにしよう!」など、よく検討した上で最適なパジャマを選びやすくなります。
最後に、パジャマはゆったりとしたサイズを選ぶことが大切です。普段、洋服を購入するときに「Sサイズを購入する場合と、Mサイズを購入する場合の両方がある」という人の場合なら、パジャマのレディースサイズではMサイズを選ぶと、眠るときに心地よく感じられるはずです。

▲ ページトップへ